障害の程度と障害等級

障害年金が支給される基準となる障害等級は、国民年金施行令及び厚生年金保険法施行令によって定められています。等級は3つに分かれており、それぞれ以下のように定められています。

ベッドに寝る女の子まず障害等級1級の状態とは、具体的にいうと、介助がなければ日常生活のほとんどができない程度の障害のことを指します。入院や在宅介護を必要とし、活動の範囲のほとんどがベッド周辺に限られるような状態であることを指します。障害等級2級の状態とは、常に介助が必要な状態ではないものの、日常生活に極めて大きな困難があり、労働によって収入が得られない状態を指します。身の回りのことは自分でできても、一定以上の活動ができない状態にあり、活動範囲が病院や自宅に限られているような状態であることが条件となります。そして障害等級3級の状態とは、日常生活を送るうえではほとんど支障はないが、労働に制限が必要となり普通に働くことができない状態のことを指します。

このように、障害等級は法律により定義が決められており、それに該当する場合のみが適用されることとなっています。そのため、障害年金を受給する際には、該当者がどの等級に当たるのかを把握しておくことが大事です。