障害年金の受給額

サボテン障害年金の支給額は、加入している年金の種類と、障害の級により差が出ます。どの級であっても、国民年金加入よりも、厚生年金加入の方が受けとれる平均金額は高くなります。級と加入保険を組み合わせた平均の月額受給データでは、1級の場合、国民年金加入では、8万円前後ですが、厚生年金加入の場合では、16万円と、倍ほどの違いがあります。2級の場合でも差は同じく2倍となり、国民年金加入者では7万円未満、厚生年金加入者の場合では12万円程度です。さらに、3級障害の場合は、国民年金加入者への支給はなく、厚生年金加入のみ、支給されます。厚生年金加入者への支給金額が多い理由は、国民年金よりも掛け金が大きいからです。

ここで疑問となるのが、雇用形態により年金の種類に変動が起きる点の処理です。非正社員から、正社員へ移行する間に障害の残る病気やケガに見舞われた場合はどのような扱いになるのでしょうか。この場合、障害が認定された病院の初診日がポイントとなります。のちに障害が残ってしまうケガや病を診てもらった初診日の年金の種類により、障害年金請求時の年金の種類が決定されるのです。

このため、国民年金加入である、非正社員期間の間に障害の残るケガや病気を病院で診察している場合、その後、正社員として厚生年金加入者となっても、障害年金の支給申請時には、国民年金加入扱いとなります。

  • コメントはまだありません

障害の程度と障害等級

障害年金が支給される基準となる障害等級は、国民年金施行令及び厚生年金保険法施行令によって定められています。等級は3つに分かれており、それぞれ以下のように定められています。

ベッドに寝る女の子まず障害等級1級の状態とは、具体的にいうと、介助がなければ日常生活のほとんどができない程度の障害のことを指します。入院や在宅介護を必要とし、活動の範囲のほとんどがベッド周辺に限られるような状態であることを指します。障害等級2級の状態とは、常に介助が必要な状態ではないものの、日常生活に極めて大きな困難があり、労働によって収入が得られない状態を指します。身の回りのことは自分でできても、一定以上の活動ができない状態にあり、活動範囲が病院や自宅に限られているような状態であることが条件となります。そして障害等級3級の状態とは、日常生活を送るうえではほとんど支障はないが、労働に制限が必要となり普通に働くことができない状態のことを指します。

このように、障害等級は法律により定義が決められており、それに該当する場合のみが適用されることとなっています。そのため、障害年金を受給する際には、該当者がどの等級に当たるのかを把握しておくことが大事です。

  • コメントはまだありません

障害年金の受給要件

男性障害年金は老齢年金と同様に公的年金制度のひとつとして、病気やけがなどの障害が生じた際に生活をサポートするために支給される年金です。障害年金というと、身体者障害手帳を所有してその等級に応じて支払われるもとの誤ってとらえられることも多いものですが、生涯手帳とは関係がありません。身体の一部や機能を失うことだけでなく、がんや糖尿病などの内臓疾患によって生活や仕事が制限されるようになった場合にも支給の対象となります。障害年金の受給手続きをするために大きく分けて3つの要件があります。そのひとつに、公的年金に加入していることがあげられ、その種類は、年齢や職業などによって、国民年金、厚生年金、共済年金の3つがあり、加入していた年金制度や障害の程度、配偶者や子どもの有無などによって支給される障害年金の種類や支給額に違いがあります

一定額以上の保険料が違法に滞納されていると、障害の原因となった病気やけがに対する障害年金を受給することができない、保険料納付要件も重要な条件のひとつとなります。また、障害認定日要件というものがあり、おおむね初診日から1年6ヵ月を経過した日に、医師によって障害の症状が固定されており、今後治療の効果が期待できないことを判断されることで受給要件を満たすことになります。また、例外として、手足が切断された日、人工肛門や人口膀胱、人工関節を建設した日、心臓ペースメーカーや人工弁を装着した日、人工透析を開始してから3ヵ月を経過した日、脳梗塞や脳出血などによる障害で初診日から6ヵ月以上経過して医師が症状固定と判断した日などがあります。

  • コメントはまだありません